FC2ブログ

Entries

愛犬のトイレトレーニング、ぶつけて歯が抜けたとき、・・・などなど独り言

[愛犬のトイレトレーニング] 愛犬のトイレトレーニングは一緒に生活し始めて一番最初に行う犬のしつけだと思います。家の中で飼う場合は特にそうですね。トイレトレーニングにはコツがあり、そのコツを知らないと相当苦労します。愛犬のトイレがきちんとできないうちは、家の中が大変なことですよね。早くトイレは身につけさせたいのが心情でしょう。愛犬のトイレトレーニングで困っているなら、きっと参考になると思いますよ。トイレトレーニングを早く卒業してお互い快適な生活を手に入れたいですよね。そして、[ぶつけて歯が抜けたとき] 幼児はよく転びます。ところで、幼児がバランスを崩して落ちたり転んだりして、歯を強く打つと、歯がぐらぐらしたり、場合によっては、歯が折れたり抜けたりすることがあります。気をつけましょうね。歯が抜けたときは、血がいっぱい出ます。口からいっぱい血を出して、泣き叫ぶ我が子を見ると、気が動転しますが、まずは落ち着くことです。ところで、抜けたばかり歯は牛乳にすぐ浸して歯医者さんに持っていくとくっつく場合もあるそうです。知っていました?
さて、[忘れてない?チャイルドシート] かわいい赤ちゃんとドライブのひと時。赤ちゃんや幼児が車内でケガをしないように必要な育児用品といえば、チャイルドシートです。チャイルドシートが子供を守るのは、事故のときばかりではないです。例えば、急ブレーキや急ハンドルのときなどなど。赤ちゃんや幼児がケガをする瞬間は、なにも事故のときばかりとは限らないですね。

追記を表示

スポンサーサイト



夜更かしと寝かしつけ、赤ちゃんがティッシュ食べた、・・・などなど独り言

[夜更かしと寝かしつけ] 幼児が夜更かしはあまり珍しいこではなくなっています。昔なら寝ているのが普通の時間でも平気で起きている幼児が増えているようです。でもこれって幼児の成長にはすごく良くないそうです。とはいえ昔より確実に寝かしつけが難しいのは確かです。パパやママの仕事の関係で夕食から遅くなりがちな家庭は多いです。夜更かしは自然に改善するものではないです。幼児の夜更かしは軽く考えないほうが良さそうですよ。そして、[赤ちゃんがティッシュ食べた] 赤ちゃんは何でも口に入れる時期があります。とりあえず口に入れて、確認しているようです。いつもは騒ぎを起こす赤ちゃんが静かにしているときは逆に要注意です。静かにティッシュを食べているときもあります。興味なんでしょうね。ティッシュくらいなら、あとでうんちになって出てくるので心配要りませんが、危険なものを口にしないように注意しましょう。
さて、[妊娠の喜び] 妊婦検診に行って、毎回赤ちゃんが大きくなっていく様子を確認すると、安心と期待で幸せな気持ちになれます。お腹が大きくなるにつれて、気が付いてくれる周りの人も増えてきますし・・・「何ヶ月ですか?」と声を掛けてくれる人もいたりすると嬉しくなりますね。外を歩いているときは、ついつい小さい子供に目がいきますし、・・・子供用品にもしばしば目を奪われますし・・・マタニティ用品を選ぶのもとても楽しいですね。

追記を表示

子供のお祝い行事、予防接種後のお風呂は?、・・・などなど独り言

[子供のお祝い行事] かわいい子供のためです。子供の行事は家族みんなで楽しみながら上手にお祝いしたいですね。子供が生まれると、その子にちなんだいろいろな行事があります。行事にはそれぞれ、成長に対するお祝いや祈願など、いろいろな意味が込められています。家族みんなで盛り上がるいい機会でもありますね。そして、[予防接種後のお風呂は?] 赤ちゃんから幼児に掛けての予防接種で、予防接種後の入浴って迷いませんか?基本的に体温計で体温を計って37度5分以上でなければ入浴させても大丈夫です。個人的には昔聞いた「注射のあとはお風呂に入っちゃいけない」が頭の中にあり、予防接種後のお風呂に不安がありました。でも、予防接種では熱さえ上がっていなければ入浴しても問題ないそうです。
さて、[スナップ写真] 「ママ(パパ)が撮った写真、ダメね~」とか、「おばあちゃん(おじいちゃん)が撮った写真、ダメね~」なんていわれていませんか?タイミングが悪かったり手振れしていたり、ピントがおかしかったり、・・・慣れていないとスナップ写真も難しいものです。とはいえ今のデジカメなら、かなり進歩していて案外簡単にいい写真が撮れたりします。心強い見方です。

追記を表示

子供に英語、予防接種の大きな区分、・・・などなど独り言

[子供に英語] 英語も日本語と同じ言葉です。ですから、できるだけ早い時期から始めたほうが、自然に身につけることができます。子供が小さい頃というのは、特に脳の発達も著しい時期です。そういう時期から始めることに意味があるんですね。英語を日本語のように使いこなす我が子を想像すると、とても頼もしいですし、ワクワクしてきますね。

そして、[予防接種の大きな区分] 予防接種にはいろいろあります。混乱しないようにしましょうね。予防接種は大きく「勧奨接種(定期接種)」と「任意接種」に分けられます。「任意接種」は希望によって受けるもので、受けない子供も結構います。「勧奨接種」は、以前は「義務接種」とされていたもので、ほとんどの子供が接種します。「勧奨接種」には公費負担もあります。つまり、最低限「勧奨接種(定期接種)」については、受けさせたいですね。

さて、[写真撮影] 子供たちといると、「あっこのシーン!」と撮っておきたくなるような可愛いシーンや楽しいシーン、ハプニングシーンなどがあります。ですので、カメラは必携ですね。近頃のデジカメは小さいですし、素人でも簡単操作で高機能なものが多くとても助かります。手振れ補正も嬉しいですね。カメラが良くなったことで、子供の素晴らしいシーンを捉えるパパママが増えていることでしょうね。

追記を表示

子供のしつけや生活習慣、保育園利用者、・・・などなど独り言

[子供のしつけや生活習慣] 成長に合わせて、子供にはいろいろ教えてあげないといけないことがいっぱいあります。スプーンや箸の使い方や、着替えや歯磨き、食事のしつけ、安全のためのしつけ、トイレトレーニング、言葉や言葉遣い、お友達との接し方、・・・・。大人になると当たり前のことも、一つづつ覚えたんですね。

そして、[保育園利用者] 保育園を利用する人たちとは一体どんな人たちでしょう。一番多いのは求職活動や仕事を始めるために保育園を利用する人たちでしょう。その他、介護のため、病気療養のため、出産準備のために保育園を利用する人もいます。中には専業主婦でも保育園を利用している人はいます。

さて、[ベビーカーでお散歩] ベビーカーがないと散歩できないわけではないですが、ベビーカーがあると、お散歩がもっともっと楽に、楽しくなります。ベビーカーがあると、自然にお散歩コースも長くなるでしょう。ベビーカーに赤ちゃんを乗せて歩くお散歩は、ママにとっても、きっと赤ちゃんにとっても、ワクワクのひと時です。

追記を表示

忘れてない?チャイルドシート、離乳食を始める時期、・・・などなど独り言

[忘れてない?チャイルドシート] かわいい赤ちゃんとドライブのひと時。赤ちゃんや幼児が車内でケガをしないように必要な育児用品といえば、チャイルドシートです。チャイルドシートが子供を守るのは、事故のときばかりではないです。例えば、急ブレーキや急ハンドルのときなどなど。赤ちゃんや幼児がケガをする瞬間は、なにも事故のときばかりとは限らないですね。そして、[離乳食を始める時期] 離乳食を始める時期は月齢5、6ヶ月頃といわれています。離乳食を始める目安は例えば「赤ちゃんの首がしっかりすわっていること」「赤ちゃんを支えてあげると座ることができる」「赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる」「赤ちゃんの口にスプーンなどを入れても舌で押し出すことが少なくなる」等です。ちなみに、離乳食を始める時期については、考え方が変ったりしていて・・・・・微妙に以前とは違っていたりします。乳幼児の定期健診に行くと、説明がありますので、その時にしっかり確認しましょう。
さて、[やけどに注意] 子供は目が離せないです。案外大人が多いときほどケガをしたり、やけどしたりすることがあります。親戚や、ご近所さんが集まった日のことです。みんなでお昼を食べることになっていたので、とても大きな炊飯器でお米を炊いていました。炊飯器は1歳の子も手が届く場所においてありました。すこし目を放した隙に、炊飯器の蒸気がでるところに手がのった状態で泣いていました。蒸気でやけどしているのに、1歳の子にはそれが何なのか分からなかったようです。やっぱり目は離せないです。そして、[子供の寝相] 子供の寝相って驚くほど悪いですね。起きているかと疑うくらいです。頭と足が反対になっている程度のことは当たり前。気がつくと布団の外にいたり、びっくりします。暑くなってくるとこの傾向はどんどんエスカレートしていくようです。暑さから逃れようと、寝ながらもがんばっているのでしょうかね。
最後は、[二人目誕生で上の子は] 二人目の出産は、初めての出産とは違った大変さがあります。ママは上の子の面倒を見ながら、いろいろな事をこなさなくてはなりませんからね。でも、忘れちゃいけないのが、上の子にとっても、弟又は妹の出現は、一大事であるということです。ママが自分のことを以前よりかまってくれなくなることで、ストレスや寂しさ、不安を抱えていても頑張って我慢しています。

妊娠の喜び、母乳しか飲めない、・・・などなど独り言

[妊娠の喜び] 妊婦検診に行って、毎回赤ちゃんが大きくなっていく様子を確認すると、安心と期待で幸せな気持ちになれます。お腹が大きくなるにつれて、気が付いてくれる周りの人も増えてきますし・・・「何ヶ月ですか?」と声を掛けてくれる人もいたりすると嬉しくなりますね。外を歩いているときは、ついつい小さい子供に目がいきますし、・・・子供用品にもしばしば目を奪われますし・・・マタニティ用品を選ぶのもとても楽しいですね。

そして、[母乳しか飲めない] ミルクを飲まず、母乳しか飲まない赤ちゃんもいます。お腹がへって泣いているのに、ミルクを受け付けません。哺乳瓶の乳首が嫌なのか、顔を背けてミルクを飲もうとしません。無理に哺乳瓶を口に含ませたところで、暴れられるだけです。母乳しか飲まないこと自体は、悪いことではないですが、母乳しか飲まない赤ちゃんだとママは大変です。お守りを代わってもらうことが難しいですからね。ミルクが飲めてパパや他の人にお世話を代わってもらえたほうがママとしては助かりますよね。

さて、[ぶつけて歯が抜けたとき] 幼児はよく転びます。ところで、幼児がバランスを崩して落ちたり転んだりして、歯を強く打つと、歯がぐらぐらしたり、場合によっては、歯が折れたり抜けたりすることがあります。気をつけましょうね。歯が抜けたときは、血がいっぱい出ます。口からいっぱい血を出して、泣き叫ぶ我が子を見ると、気が動転しますが、まずは落ち着くことです。ところで、抜けたばかり歯は牛乳にすぐ浸して歯医者さんに持っていくとくっつく場合もあるそうです。知っていました?

追記を表示

Extra

プロフィール

いい家族

Author:いい家族
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる